ラフに着こなす

ラフな着こなしと言うと、白いTシャツにデニムの定番スタイルが思い浮かぶが、あれは鍛えられた体型の人にしか似合わない、実は大変に人を選ぶコーディネートである。

我々一般人が「ラフな着こなし」をしようと思ったら、たとえば今まで着ていたかっちりとしたブレザーをニットブレザーに替えるなどの素材の転換が鍵になる。

ブルーのクレリックシャツにニュアンスグリーンのセンタープレスパンツ。ここにネイビーのニットブレザーをカーディガン感覚で肩掛けするだけでラフな着こなしが完成する。足元は白のスリッポンがいいだろう。同じブレザーを白のブラウスと赤×白のストライプのショートパンツの上に着れば、ヘルシーなマリンルックが出来上がる。

鹿の子のニットボーダーのブレザーならば、白ニットとデニムの上に着て、袖を無造作にまくりあげるだけで、こなれた感じのシンプルなデニムスタイルになる。

要はブレザーというトラッドなアイテムを、ニット素材のものに切り替えるだけで、大人のラフなトラッドスタイルが完成するのだ。大人はラフさを追及するときであっても、若者と同じラフさを体現してしまうと汚くなってしまう。だから、どこかにトラッドの香りをひとさじ残しておいてファッションを楽しむことが重要なのだ。

タンクトップとデニムのシンプルコーディネートにネイビーのニットブレザーを羽織れば、抜け感と女らしさを加えた着こなしになる。ブレザーの裏地がストライプなど茶目っ気のある仕立てになっている場合は、思い切って腕まくりすれば、カッコよくさまになるだろう。

キレイ色スカートが可愛い!海外女性のおしゃれな着こなし – NAVER まとめ